アイキャッチ

専業主婦・パート主婦でもクレジットカードって作れるの?

ショッピングだけでなく公共料金の支払いなどにも便利なクレジットカード
引き落とし日が決まっていれば家計も管理しやすく、使うたびポイントが貯まるのもメリットですよね♪

しかしクレジットカードは誰でも作れるわけではありません。
申し込み自体は無料かつ手軽に行なえるものの、専門の機関による審査に通らなければ作成できないのです。

支払い能力があると認められれば基本的に審査に通りますが、収入が少ない専業主婦・パート主婦だとどうでしょうか。

今回は主婦でも作れるクレジットカードや、審査に通る方法について解説していきます!
申し込みを迷っている人の参考になれば幸いです。

主婦におすすめのクレジットカード3選

主婦向けのクレカ3選
多くの主婦に選ばれているクレジットカードを3つご紹介します。
いずれも年会費無料なので気軽に申し込めますよ♪

それぞれ違った特長を持っているので、比較してみましょう。

楽天カード

おすすめポイント
・還元率が高い!(100円につき1ポイント)
・楽天市場でのお買い物はポイント3倍!
・楽天Edy搭載だから電子マネー払いにも対応!

楽天カードは人気が高く、ポイント還元率が常に1%(100円=1ポイント)と高いのが特徴です。
買い物で使えば使うほどポイントが貯まるため、かなりお得!

また楽天Edyが搭載されているのもメリットの一つ♪
電子マネー払いもできてポイントの管理もラクなので、一枚は持っておきたいカードです。

JCB CARD W plus L

おすすめポイント
・還元率が高い!(100円につき1ポイント)
・女性のための特典が充実!
・主婦でも審査に通りやすい!

女性に特化していると言えるJCB CARD W plus Lは、18~39歳までの女性が申し込み対象です。
制限内に申し込めば40歳を超えても利用可能!
Amazonやスターバックスで使うとポイント還元率がより高くなります。

カードのデザインも可愛らしく女性向け。
永年無料で使えてお得ですよ。

イオンカードセレクト

おすすめポイント
・イオングループの対象店舗で使うと還元率が2倍!
・お客様感謝デー(毎月20日/30日)なら買い物代金が5%オフ!

日用品や食料品の買い物に便利なイオンセレクトカードは、イオン系列の店舗で使用するとポイントが2倍得られます。
普段よくイオンを利用する人にぴったりなカードです♪

収入が少なくてもクレジットカードの審査に通る方法

クレカの審査に通る方法
クレジットカードは原則本人しか使用できないため、たとえ家族であっても本人以外が使用すると罰則の対象になることも。

しかし専業主婦だと自分の収入は0円(無職)ということになりますし、パート・アルバイトでも収入額に不安が残りますよね。

そこで主婦がクレジットカードの審査に通りやすくなる方法についてご紹介します!
「落ちるかもしれない」と諦めている方も必見です。

クレジットカード会社は1~2社に絞る

同じ時期にいくつかのクレジットカードを申し込むと、審査に通りにくくなる可能性があります。
収入が少ない主婦が複数のカードを持った場合、支払いが滞る恐れがあるためです。

使い分けするにしても、一度に申し込むクレジットカード会社は1~2社に留めるといいでしょう。

クレジットヒストリーを整理する

クレジットヒストリー(以下クレヒス)支払い能力を判断するための要素です。
JICCCICなどの情報機関に記録されているクレジットカードやローンの契約情報、または支払い状況(延滞の有無や未払いなど)を指します。

大切なのは「利用したローンの返済状況が良好」であること。
過去5~10年以内にクレジットカードを作成したり、ローンを組んだりしたことがある人は、延滞や未払いなくしっかり支払えているかを必ず確認しましょう。

家族カードを申し込む

初めてクレジットカードを作る場合やローンを組んだことがない場合、クレヒスは無の状態です。
一見すると信用度が高そうですが、クレヒスが無いと信用できるか否かの判断材料がなく、審査を通りにくくなる可能性も・・。

しかしそういった場合は家族カードを作るという方法がおすすめです。
夫が本人名義のクレジットカードを持っていれば、妻のクレヒスがどうであれ家族カードを作れます。

キャッシング枠を利用しない(0円にする)

ほとんどのクレジットカードは、申し込み時にキャッシング枠の金額設定が設けられています。
たとえばキャッシング枠が10万円の場合、一ヶ月の間に10万円までの現金の借り入れを行なえます。

ショッピング枠(一ヶ月間で買い物に利用できる金額)は収入に応じた額がカード会社側で決められますが、キャッシング枠は申し込む人が自由に設定できるものです。

申し込み時のキャッシング枠は0円に設定しましょう。

もし審査に落ちてしまったら

審査に落ちてしまったら
クレヒスの状況や収入面でクレジットカードの審査に落ちてしまうことがあります。

もし家計の管理や買い物のしやすさを求めているなら、デビットカードプリペイドカード電子マネーを利用するのも悪くありません。

デビットカードは銀行口座から直接支払いできるカードで、各銀行で発行してもらえます。
入出金は通帳で確認できるため家計管理にも便利です。

プリペイドカードや電子マネーは、チャージした金額内での買い物が可能で、使えば使うほどクレジットカードと同じようにポイントが貯まります。
とくに電子マネーはスマホアプリで管理できるため、持ち物を少なくしたい場合にも役立つでしょう。

買い物の頻度が高い主婦こそ現金以外の支払い方法を身につけたいところ。
キャッシュレスが普及している現在、お得な方法を見つけて試してみましょう♪

関連記事

  1. 扶養の範囲内で働く

    夫の扶養から外れずに働くには?年収の壁について解説します!

  2. 雇用保険は何のためのお金?

    雇用保険は仕事を辞めたときに貰えるお金?受給方法を詳しく紹介!

  3. アイキャッチ

    源泉徴収はパートやアルバイトも対象?主婦が知っておくべきポイントを解説

  4. アイキャッチ

    変化するライフステージのために!知っておきたい健康保険について

  5. 主婦の確定申告

    主婦もやるべき?確定申告が必要な人や申告方法を解説します

  6. パートの年末調整について

    パート主婦にも年末調整は必要?還付金や節税のために知っておきたい基礎知識

  7. 社会保険の基本

    社会保険は主婦も入る?加入の条件やメリット・デメリットを解説します