ウェブライター

WEBライターはどんな記事を書く?人気の在宅ワークについて紹介します!

WEBサイト上の記事を書くWEBライターは、初心者でもハードルが低いお仕事として注目されています。
会社に所属する働き方もありますが、最近では在宅・フリーランスのWEBライターが増えてきているんです。

WEBライターはこんな人にぴったり!
・文章を書くのが得意、好き
・普段からネット検索をしている、情報収集が得意
・自宅でできる仕事を探している

記事を書くのは難しいというイメージはありませんか?
またどんな記事を書けばいいのか想像できないという人もきっと多いはず。

今回はWEBライターの具体的なお仕事内容、そして報酬やメリット・デメリットを紹介していきます♪
パソコンを使った在宅ワークをお探しであればぜひご覧ください。

WEBライターの基本的なお仕事内容

ウェブライターとは

WEBライターの主なお仕事ネット上の記事を書くこと!
在宅・フリーランスで働く場合、クラウドソーシングを利用する方法が一般的です。

クライアントの要望に沿った記事を書く上では、ネット検索や資料による情報収集や、現地での取材や写真撮影が必要になることもあります。

そして「記事を書く」といっても、記事の種類は様々。
どんな内容の文章を書くのか詳しくチェックしてみましょう。

コラム・エッセイ

コラムやエッセイは「批評」です。
金融・政治といった難しい内容もありますが、スポーツや芸能などの時事ネタがテーマになることも。

著者自身の考えなどを織り込んだ記事になるため、比較的書きやすいジャンルです。

取材・インタビュー

記事のテーマに該当する人物や場所を取材します。
認知度を高める目的がほとんどで、魅力をしっかり紹介できるような記事が理想的です。

また販売物の売上アップのために取材が必要になることもあります。

ニュース

ニュースサイトや情報サイトなどに掲載する記事がメインです。
テレビや新聞の情報をまとめます。

企業のオフィシャルサイトなどでは新商品・新サービスのプレスリリースや、採用情報を紹介するケースもあります。

体験・レポート

グルメや旅行など、実際の体験を文章にまとめます。
自分の実体験がネタになるため、初心者でも挑戦しやすい分野だといえます♪

「◯◯の経験がある人」「◯◯に住んだことがある人」など、その人にしか書けないような記事が求められることも。

セールス(広告・LP)

商品やサービスの紹介記事を書きます。
初心者でも取り組みやすい内容もあれば、経験を積まなければ着手できないような案件もあります。

マーケティングを意識した記事が必要になるため、ある程度のライティングスキルは必要です。

レビュー

体験・レポートと似ていますが、商品やサービスを利用した感想をまとめます。
口コミのような感覚で書けるので難易度は高くありません。

企業の新商品を無料またはお得な価格で試せる案件はとくに人気です。

シナリオ

ここ最近増えているのがシナリオ案件。
主にYouTubeの広告動画のシナリオを作成します。

クライアントが指定したキーワードに合う物語を考え、細かく書き起こすお仕事です。
想像力が豊かな人に適しています♪

WEBライターの平均収入

ウェブライターの平均収入

在宅・フリーランスのWEBライターの収入は、基本的に出来高制です。
1記事につき◯◯円というように決められており、書く内容によって額に差があります。

案件レベル 1記事あたりの原稿料
初心者用(コラムや体験談) 1,000円~
一般(ニュース) 1,000円~1万円
スキルが必要(セールスやシナリオ) 1万円~10万円
ハイレベルな案件(セールス) 10万円~50万円

※記事のジャンルや文字数、ページ数などで報酬額は変動します

初心者がハイレベルな案件に取り組むのは難しいため、最初のうちは簡単な案件をこなし、段階を踏んでスキルアップを目指すことが大切です。

★会社に就職した場合の平均収入
パート・アルバイト:時給1,000円~
正社員:月収15万円~

WEBライターのメリット・デメリット

ウェブライターのメリット・デメリット

記事作成が基本となるWEBライターのお仕事ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
さっそくチェックしてみましょう!

メリット1:経験を問わず取り組める

SNSやブログで文章を書くことに慣れている人だけでなく、普段まったく文章を書く機会がないという人でもWEBライターになれます。

あらかじめ決められたテーマに沿った記事を書く案件であれば、自分に合う難易度を選択して取り組めますよ♪

メリット2:ライティングスキルが身につく

簡単な案件をこなすうちに、クライアントの目的を汲み取って記事に反映させたり、読み手に寄り添った記事の書き方を考えたりと、徐々にスキルアップします。

もちろん向上心は必要!
質の高い記事が書けるようになれば、クライアントと直接契約を結ぶチャンスにつながるため、ライティングに関する勉強も大切です。

メリット3:書いた分だけ報酬が得られる

初心者向けの案件でも、数をこなせば報酬額はその分だけ増えます。
時給制・固定給だといくら書いても決まった金額しか稼げませんよね。

本業があったり家事・育児で忙しかったりと、短時間しか働けない人にもWEBライターはおすすめです。

デメリット1:慣れないうちは稼げない

文章を書くこと自体は誰にでもできますが、テーマに沿う記事やクライアントの要望通りの記事を作成するには、それなりの経験とスキルが必要です。

またクライアントの条件を満たさない記事だと報酬が得られません。
記事のクオリティは基準が設けられているため、ただ単に文章を考えるだけでは稼げないのです。

デメリット2:納期があると忙しくなる

難易度の高い記事は文字数が多くなり、情報収集にも時間がかかります。

納期が決められている場合はスケジュール管理が大変。
本業のために時間が限られている人などは、自分のキャパシティを超えないような案件を選ぶことが大切です。

デメリット3:苦手な分野にも取り組まなければいけない

初心者向けの簡単な記事は案件数も多く、好きなジャンルを選べます。
しかし単価が高い記事は選択肢が少なめ。
収入のためには苦手なジャンルであっても挑戦しなければいけません。

根気よく作業に取り組める人や、情報収集が苦ではない人でなければWEBライターを続けるのは困難でしょう。

まとめ|未経験でも挑戦する価値アリ

Webライターという職種は主婦や学生までいるため、初心者でもハードルは低いといえます。
地道コツコツ記事を書いてスキルアップすれば、高報酬の案件もこなせるようになります。

資格や経歴の有無に関わらず挑戦できるWEBライターのお仕事。
スキルが身につけば高収入も夢ではありません。

またWEBライターは副業にも適しているため、空き時間を利用して収入を得たい人にもおすすめです。

関連記事

  1. アイキャッチ

    アンケートモニターは安全?お仕事内容や報酬の仕組みに注目してみよう

  2. アイキャッチ

    働く場所でキツさが違う?清掃員のパート・アルバイトは大変?

  3. 在宅秘書とは

    経験を活かせる在宅秘書は高収入!リモートでお仕事をサポートしよう

  4. アイキャッチ

    アダルトで稼ぐ!メールレディおすすめサイト3選

  5. 在宅コールセンターとは

    在宅なのにコールセンターのお仕事ができる?働き方や給料に注目!

  6. 子持ちメルレは稼げる?稼げない?

    意外と稼げちゃう?子持ちメールレディの給料事情

  7. アフィリエイトとは

    未経験でアフィリエイトは難しい?フリーランスを目指すなら必読!