アイキャッチ

人気職!データ入力は未経験でもできる?お仕事内容を徹底解説

オフィスワークの中でも人気が高いデータ入力
求人募集で「未経験OK」としている企業も多く、事務職が初めての人も挑戦しやすいお仕事です。

データ入力はこんな人にぴったり!
・集中力がある人
・コツコツした作業が得意
・タイピングが苦手じゃない

この記事ではデータ入力のお仕事内容や平均収入、お仕事におけるメリットデメリットをまとめています。
「自分にもデータ入力のお仕事ができるかな?」と気になった人は最後までご覧ください。

データ入力の基本的なお仕事内容

データ入力のお仕事内容
データ入力とは、主に企業や依頼主から与えられたデータをPCに入力・保存するお仕事です。
パソコンを使ってひたすらデータを打ち込む単純作業というイメージを持つ人も多いでしょうが、入力したデータに不備があってはならないので、正確なタイピングや集中力が求められます。
また打ち込んだデータを見直したり校正する能力も必要です。

しかしデータ入力のお仕事につくために特別な資格などは必要なく未経験でもOK。
タイピングが得意、パソコン操作に慣れている人であればさらに有利なお仕事といえます。

データ入力はオフィス通勤以外だけでなく、自宅のパソコンにWordやExcelが入っている人は在宅ワークも可能です。
基本的に在宅ワークでデータ入力を行う場合は、雇用契約でなく業務請負という形で案件ごとにお仕事の契約をします。

データ入力の種類

ひとくちにデータ入力といっても、内容は企業や依頼主によって様々です。
データ入力の種類を以下にまとめてみました。

・顧客情報、契約内容入力
企業が保持している顧客情報や、紙で交わされた契約書の内容を入力していく作業です。
個人情報が関わってくるため、入力内容に不備がないよう作業には注意を払う必要があります。

・売上データ入力
売上伝票を入力し集計するのが売上データ入力のお仕事。主にExcelを使用する所が多いです。
扱うのが数字であるため、入力作業には正確性が求められます。

・音声データの書き起こし
インタビューや対談、議事録などの音声データを文字に起こすのが音声データの書き起こしです。
音声を聞きながら作業をするため、タイピングスピードに加えて正確性が求められます。

・アンケート結果の入力
アンケート調査の結果を入力し、データ化するお仕事です。

・コールセンターのデータ入力
コールセンターの業務にデータ入力が付随する場合があります。
電話対応の際に顧客からの問い合わせ内容や、注文内容などをパソコンに入力していきます。

・事務作業も兼ねたデータ入力
基本的にデータ入力が主なお仕事内容ではあるものの、ファイリングや伝票処理、書類作成など事務作業も兼ねる場合もあります。

データ入力の平均収入

データ入力の平均収入

雇用形態 時給 月収 年収
正社員 26.1万円 314万円
契約社員 1,292円 21万円 252万円
パート・アルバイト 998円 16万円 192万円

※月収や年収は1日8時間×月20日勤務の場合で算出しています

データ入力における正社員の平均年収は314万円。
20~40代日本人女性の平均年収は367万円であるため、年収としては平均よりもやや下です。

またデータ入力のお仕事は、パソコン初心者や業界未経験者も応募OKとしている企業も多く見られますが、給与に関しては求められるスキルや経験によって上下する傾向にあるようです。

データ入力のメリット・デメリット

データ入力のメリット・デメリット
データ入力のお仕事の求人は多く、デスクワークの中でも人気の職種です。
しかしどんなお仕事にもメリット・デメリットは付き物であるため、データ入力のお仕事に興味がある人は両面をチェックしておきましょう。

メリット1:未経験から始めてもパソコンスキルがアップする!

データ入力のお仕事は、パソコンが特別得意でなくても、文字入力さえ出来れば未経験者OKで求人を出している企業はたくさんあります。
毎日入力作業をこなしている内に、タイピング速度がアップしたり、WordやExcelといったソフトも使いこなせるようになるでしょう。
働きながらパソコンスキルがアップするのは嬉しいですよね。
パソコンに強くなれば、今後のキャリアにも活かせますよ。

メリット2:シフトの融通がききやすい

スタッフの人数調整が必要な飲食業や接客業の場合、急なお休みによるシフト変更や行事やイベントが集中する土日は休みがとりづらい傾向にあります。
その点データ入力のお仕事は、急なお休みにも対応してくれる企業も多く、その他の職種に比べてシフトの融通がききやすいです。

メリット3:体力に自信がなくても大丈夫

データ入力はデスクワークであるため、立ち仕事や外回りといった仕事に比べて体力を必要としません。
体力に自信がない人でも働きやすいといえます。

デメリット1:タイピングに慣れるまでは大変かも

データ入力は作業のスピードと正確性を求められます。
「パソコン入力さえできればOK!」と求人で謳っている事も多いのですが、タイピングに慣れるまでは作業はどうしてもゆっくりになってしまうため、早く正確に入力できるようになるまでは大変かもしれません。

デメリット2:作業にマンネリを感じてしまう

提示されたデータを黙々とパソコンに入力していくデータ入力。
単純な作業を正確にコツコツとこなすのが苦手な人は、仕事に対してマンネリを感じてしまうかもしれません。

デメリット3:腰痛や肩こり、眼性疲労やになりやすい

データ入力のお仕事は、勤務中はほとんど座りっぱなしであるため、姿勢や血行が悪くなると腰痛や肩こりをおこしやすくなります。
また長時間パソコン画面を見続ける事で、眼性疲労やドライアイといった目のトラブルに見舞われる可能性も。

まとめ|お仕事をしながらスキルアップしたい人におすすめ

初心者の場合、データ入力の仕事に慣れるまでは大変な面もあるかもしれませんが、働きながらパソコン操作のスキルアップができます。
パソコンスキルが高い人は転職において有利であるため、ステップアップを視野にいれている人にはためになるお仕事です。

データ入力の作業内容は企業や案件によって異なるため、まずは自分にも出来る作業であるかをチェックし挑戦していきましょう。

関連記事

  1. コールセンターのお仕事

    女性に人気のコールセンターはどんなお仕事?オフィスワーク初心者は必見!

  2. 一般事務の仕事

    代表的なオフィスワーク!一般事務の具体的な業務に注目してみよう!

  3. 秘書のお仕事とは

    サポートのプロ!秘書になるために必要なスキルって一体なに?