実は体力勝負!?アパレル店員のお仕事を詳しくチェックしてみよう

ファッションに興味がある人は、アパレル店員に憧れたこともあるのでは?
自社のブランドを着こなしつつ笑顔で接客する姿は素敵ですよね。

しかしアパレル店員のお仕事はなかなか大変。
華やかな世界に憧れて挑戦すると、理想と現実のギャップに驚いてしまうかもしれません。

アパレル店員はこんな人にぴったり!
・コミュニケーション能力が高い
・流行のものに興味・関心がある
・体力に自信がある

正社員だけでなくパート・アルバイトの募集も多いアパレルのお仕事。
接客以外にどのような業務があるのか、またお給料やメリット・デメリットなどもまとめてチェックしてみましょう♪

アパレル店員の基本的なお仕事内容

アパレル店員のお仕事内容
アパレル店員は対面でのお客様対応が必要になるため、高いコミュニケーション能力が問われるお仕事です。

ただアパレル店員は接客以外にも、店舗の営業に関するほとんどの業務を行ないます。
具体的なお仕事内容を確認してみましょう!

接客全般

お客様の要望に合わせたアイテムの提案、レジ対応、在庫の確認など、お客様対応全般を担います。
大きな店舗ではメンズ・レディース(ウィメンズ)・キッズなど、それぞれの担当エリアでの接客を行なうこともあります。

店舗によっては接客マニュアルが異なるため、お店の方針に沿った対応が必要です。

また電話対応なども接客に含まれます。
カジュアルなブランドであっても丁寧な対応を心がけなければいけません。

商品整理

商品の整理整頓(畳む・ハンガーにかける)なども大切なお仕事。
サイズがバラバラで並んでいたり、畳まれずに放置されていたりすると、購買意欲は低下してしまいます。

営業中はこまめに売り場を確認し、丁寧かつスピーディーに商品を整理するのもアパレル店員の基本です。
もちろんその間も接客は発生します。

またストックの管理もかなり重要!
商品が少なくなったらすばやくストックを補充することで、販売機会を逃さずに済みます。

ディスプレイ・陳列

新商品やお買い得商品をお客様にアピールするため、店舗内の目立つ箇所にディスプレイを設置します。

ディスプレイとはマネキンのこと。
定期的に着せ替えなければいけません。

また単に商品を置くだけでなく、どこにどう陳列するかも売り上げに関わります。

ディスプレイや陳列に関してはセンスが問われる分野なので、誰もが行なえるお仕事ではありません。

店内・店外の清掃

衣類を扱っているお店ではどうしてもホコリが出ます。
営業中は清掃業者に入ってもらうことができないため、自分たちでこまめに清掃することが大切です。

店内・店外が不清潔だと長居したくありませんよね。
試着室やトイレの清掃など、店舗内外を綺麗に保つことでお客様に気持ちよく利用してもらえます♪

アパレル店員の平均収入

アパレル店員の平均収入

雇用形態 時給 月収 年収
正社員 29万円 346万円
契約社員 1,370円 22万円 263万円
パート・アルバイト 960円 15.3万円 183万円

※月収や年収は1日8時間×月20日勤務の場合で算出しています

アパレルブランドや地域の違いでお給料には差がありますが、平均値は高めです。
パート・アルバイトの時給が1,000円を超える店舗も多く、短時間勤務も可能♪
学生や主婦が多い職種でもあります。

正社員になれば事務作業も格段に増え、責任あるお仕事を任されます。
しかしその分お給料は高めなんです。
またSV(スーパーバイザー)として複数の店舗の管理を任された場合、より高収入が期待できます。

アパレル店員のメリット・デメリット

アパレル店員のメリット・デメリット
さまざまな業務を担うアパレル店員は「ファッションが好き」という人にとって天職のように思われるかもしれません。
デメリットにも目を向けてみて、自分に合うお仕事なのかどうかを考えてみましょう。

メリット1:高い接客スキルが身につく

アパレル業界での接客は対面が基本。
マンツーマンの対応が必要になるため、働いていくうちに高い接客スキルが身につきます。

また新商品/おすすめ商品の提案なども行なうため、プレゼン力の向上も可能です♪

メリット2:自分自身がオシャレになる

店員は基本的に自社のアパレルブランドを着て働きます。
歩くマネキンの役割も担っているため、コーディネートには気を遣わなければいけません。
ファッションについて学ぶにつれオシャレ度が高まるため、自分自身も綺麗になります。

メリット3:多くの出会いがある

アパレル店員は高いコミュニケーションスキルを活かして接客を行なうお仕事。
お客様と仲良くなることもありますし、さまざまな人との出会いがあります。

人脈の広さは自分の可能性を広げるチャンスでもあるため、出会いの多いアパレル店員はとても魅力的なお仕事だと言えるでしょう。

デメリット1:定期的に新作を購入しなければいけない

ブランドにもよりますが、アパレル店員は基本的に自社商品を制服として身に着けなければいけません。
社員割引が適用されるケースがほとんどですが、新作が出るたび購入しなければいけないため、なかなかの出費になります。

デメリット2:力仕事が多い

アパレル店員のお仕事は接客だけではなく、商品整理や在庫管理、デスクワークなどさまざま。
一日中立ちっぱなしなんてことも珍しくありません。

重いダンボールを運んだり、店内を清掃したりと、基本的に暇はないお仕事です。
体力がない人にとってはキツいと感じることもあるでしょう。

デメリット3:給料が低い

アパレル業界の平均月収はやや低めです。
正社員になったとしてもSVレベルにならなければ全国平均ギリギリといったところ。

思ったよりも稼げないという点はデメリットの1つだといえます。
ただしブランドによって時給・月給は異なるため、応募前に複数のお店を比較してみるといいでしょう。

まとめ|オシャレ好き・接客好きにはぴったりなお仕事

アパレル店員は意外と体力勝負なお仕事ですが、お客様に寄り添う接客も不可欠。
一人ひとりの要望に合うファッションの提案や、コーディネートに関する相談などを通して満足してもらえるため、やりがいは十分あります。

また元々おしゃれが好きなら楽しんで働けるため、興味があるなら身近な店舗の求人情報に目を通してみるといいですよ♪

関連記事

  1. 携帯販売員の仕事内容とは?働き方やお給料をまとめて紹介します!

  2. 飲食のお仕事について

    飲食業ってどんな人に向いてる?働くメリットにも注目してみました!

  3. アイキャッチ

    レジスタッフは結構キツい?主婦にも学生にも人気のお仕事に注目!