未経験の主婦でも即採用!メールレディは安全?年齢制限なし?

メールレディといえば、未経験の主婦でも即日採用&即日勤務という好条件が魅力です。
しかし、そこまで条件が良すぎると疑ってしまうのが女性のサガ。

「出会い系?」「風俗サイトでは?」「もしかして詐欺!?」といった疑問や不安を解消するべく、メールレディのメリットとデメリットを検証してみました。

また求人で気になるのが年齢制限
現役メールレディで活躍しているのは20~30代の若い世代だけでなく、40~50代の女性も多く在籍しています。

幅広い世代が活躍する一方、登録する際には年齢制限があるのが一般的。
ほとんどのサイトが18歳以上限定、35~40歳までの女性となんらかの制限をかけています。

さらに詳しく、メールレディをはじめる前に知っておきたい情報をチェックしていきましょう。

メールレディのメリット・デメリットを検証してみた

メールレディのメリット・デメリット
どんなお仕事にもメリット&デメリットはつきものです。
とはいえ、できるだけデメリットは避けたいのがホンネ。

とくに家事や子育てで日常的に予測不可能なことが多い主婦にとって、仕事ではストレスを抱えたくありません。

「登録して後悔した」ということがないように、ここからは現役メールレディ100人のアンケート調査をもとに、メリットとデメリットを検証していきます。

メールレディのメリットについて

メールレディのメリットは、採用条件だけではありません。
主婦でも続けられるのは、これからご紹介するメリットがあるから。

それでは具体的にどういったメリットがあるのか、詳しくチェックしていきましょう♪

メールレディのお仕事の詳細はコチラ

コロナの感染リスクなし!NEWスタイルの接客業

男性を相手にした職業といえば、キャバクラガールズバー風俗といったナイトワークが真っ先に思いつきませんか?

メールレディもよくネットキャバクラといわれることも多いですが、実際に対面接客するキャバ嬢と違い、サイトを通しての間接的なやりとりのみ。
同じ接客業でも、コロナの感染リスクがゼロの珍しい職種なんです。

時間の融通が効く!だから主婦にオススメ

アンケート調査でも、良かった点に「メールレディは時間の調整が効く」と答えた方は全体の半分以上

そもそもメールレディは在宅勤務のため、通勤の手間がかからないだけでなく、メイクや服装を考える時間も必要ありません。
またどのサイトでも時間を縛るような制約はないので、出勤日数やログイン時間に縛られることもないんです。

登録は無料!退会も即日できる

メールレディになるにはサイト登録が必須です。
アンケート調査によると「登録手数料や初期費用は一切必要なかった」と答えた方は100%

どうやら、メールが問題なく打てるスマホかPC・タブレット、そしてネット環境が用意できればすぐに始められるのはウソじゃなかったようです。

また「辞めたい」「自分には合わない」と思えば、即退会もできるため気楽に始められます。

スマホ1つで始められる!スキマ時間を利用せよ

メールレディにオススメの商売道具といえば、スマホです。

家族が外出している間、子どもが寝ている時間、塾の間、公園で遊ばせている間などサッと取り出せるからとっても便利。
周りからも仕事をしているようにはとても見えません。

また子どもとスマホを兼用しているという方でも、ご安心を。
スマホのプライベート機能を利用すれば、履歴が残る心配もありません。

プライベートモードの出し方が分からないという人は、「スマホ・プライベートモード」で検索してみましょう。

身バレのリスクなしで稼げる

「仕事しているのをバレたくない」
そんな女性もご安心ください。
メールレディは、誰にもバレずにお仕事できます。

メールレディのサイト登録後、一番はじめにすることと言えばプロフィール作成です。
名前や地域、自己紹介、画像をアップしていきますが、本当の情報をのせる必要はありません。

アンケート調査でも、プロフィールを偽装&載せる写真をアプリ加工していると答えた女性は全体のなんと98%!

残り2%の「本当の情報をのせている」と答えた方も、「方言が出るから地域だけは公開した」「ボロが出そうだから実年齢を書き込んだ」と一部だけの開示でした。

サイト側から情報が漏れることはないため、ウソが苦手という方は本当のことを一部書き込むのもアリなテクニックですね。

出会い系ではないから安心・安全

男性相手の仕事で多いのが、男女トラブルです。

ストーカーやレイプ、相手は不倫だった等、男女のもつれからくる問題です。
みなさんも一度はワイドショーなどで耳にしたことがあるはず。

実際に会うことはサイト内はもちろん、法律で固く禁じられているメールレディならその点も心配いりません。

サイトによってはプレゼントを受け取れる機能もありますが、それらは全てサイトを通して行なわれます。
そのため実際に会うことはサイト内はもちろん、法律で固く禁じられている住所や電話番号はもちろん、LINEやFacebook、Instagramがバレることもありません。

メールレディのデメリットについて

まだメールレディを始めるか迷っている方、必見です!
ここからは「メールレディのココがちょっと…」を解説していきます。

子どもに自信を持って言える職業ではない

現在子育てしているという方は、納得ですね。
子どもに職業を聞かれても、メールレディとハッキリ答えられる人はほとんどいません。

子持ちメールレディの中にはWEBライターと答える方もおり、PCでメールを返信していても怪しまれない職業を話しているという女性も。

アダルト要求&下ネタは避けられない

男性相手に会話をしていくわけで、下ネタやエッチな話題を避けることは難しいようです。
なかには「オナニーの動画がほしい」と大胆に言い寄ってくる方も。

もちろん画像や動画は有料になるため、添付すればお金は稼ぎやすくなります。

しかし全くの初心者で、「エッチなネタは抵抗がある」という女性は、プロフィールにアダルトNGと書き込むか、やんわりとかわしていくテクニックを身につけていきましょう。

平日の朝や昼間は稼ぎにくい

時間の融通が利く一方で、メールレディは朝や昼間は稼ぎにくいようです。
実際に会うことはサイト内はもちろん、法律で固く禁じられているアンケート調査でも「夜の方が稼げる」と答えたのは98%。

男性が仕事をしている時間帯は、「メールを送っても返信は夕方」というケースが多く、平日はとくにメールの返信率は下がってしまうようです。
短時間で効率よく稼ぎたいという方は、黄金時間と呼ばれる夕方の18pm~2amに時間を空ける工夫をすると良さそうです。

浮かれ過ぎに注意せよ

「最近、男性と会話していない」「新しく男性と知り合うきっかけすらない」という女性はご注意ください。
メールレディの中には、男性にチヤホヤされるあまり、本気で好きになってしまったというケースもあるようです。

この場合、男性に安易にLINEや電話番号を教えてしまうことが多く、運営側が知らないところで「密会していた」ということも。

トラブルの原因にしかならないため、お仕事としてプロ意識をもって接していきましょう。

メールレディの裏ワザ!?年齢制限について

メールレディの年齢制限
メールレディでは、サイトによって年齢制限はさまざま。
大きくわけて以下の2つが挙げられます。

  1. 18歳~35歳まで
  2. 20歳以上

サイト登録時に免許証やパスポートを提示するため、年齢詐称はできません。
しかし、メールレディでは入会制限はあっても退会の制限はないのが一般的。

現在35歳で迷っているという女性は、とりあえず登録して仕事は数年後にはじめるというのもアリなんです。

実際、メールレディのアンケートでも一時休止していたと答えていた人は48%。
約半数の女性が、「登録したけど本格的にはじめたのは半年後」「2~3年後に思い出して始めた」というのも珍しくありません。

現在もコロナで失業やシフト減少で収入が減っているという方も多いため、将来に備えてとりあえず登録しておくことも選択の一つなんです。

「それでも不安」という方へ、参考までに今回のアンケート調査で分かったメールレディたちの年代をご紹介しておきます♪

【現役メールレディの年齢割合】
10代>>>35%
20~30代>>>47%
40~50代>>>18%

いかがですか?
40~50代でも現役のメールレディとして活躍している女性は多いので、少しでも興味があればチャレンジしてみることをおすすめします。

関連記事

  1. ライバーの給料事情を覗き見!子持ち主婦はどれくらい稼いでる?

  2. ウェブライター

    WEBライターはどんな記事を書く?人気の在宅ワークについて紹介します!

  3. 子持ち主婦にライバーってどうなの?メリット・デメリットを完全解説します

  4. 仕事してのライバーとは

    子持ち主婦も活躍中!今話題のライバーとは

  5. 在宅コールセンターとは

    在宅なのにコールセンターのお仕事ができる?働き方や給料に注目!

  6. ライバー収入を得る!子持ち主婦がライブ配信で稼ぐコツ

  7. チャットレディおすすめランキング3選!短期で稼ぎたいママ必見!

  8. チャットレディとは

    働きたいママ必見!大注目のチャットレディとは

  9. 子持ちメルレは稼げる?稼げない?

    意外と稼げちゃう?子持ちメールレディの給料事情