一般事務の仕事

代表的なオフィスワーク!一般事務の具体的な業務に注目してみよう!

一般事務は数あるオフィスワークのなかでも人気がある職業です。
企業の事務業務のほとんどを担う存在で、女性の割合が高いのも特徴的。

未経験であっても採用されるチャンスがあるため、初めてのオフィスワークとしても適しています♪

一般事務はこんな人にぴったり!
・コミュニケーションがしっかりとれる
・臨機応変な対応力がある
・正確で丁寧な作業ができる

一般事務にはどのような業務が任されるのか、具体的にチェックしていきましょう!

一般事務の基本的なお仕事内容

一般事務のお仕事内容
事務作業がメインの一般事務に必要とされるスキルは、基本レベルのパソコン操作。
タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができ、ExcelWordなどのツールがある程度使えればとくに問題ありません。

また時には電話対応・来客対応があるため、ビジネスマナーが身についていると安心です。
以下のような民間資格が強みになります。

・日商PC検定
・MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
・秘書検定

無資格・未経験者を募集する企業も多いのですが、ある程度のスキルがあると安心です♪

一般事務は配属される部署によって仕事の幅が変わります。
とはいえ書類の作成や整理といった事務業務が基本です。

それでは具体的な業務内容を見ていきましょう。

データ入力・書類作成

お客様や取り引き先の情報、売上などをデータ化します。
決まったフォーマットにテキストを入力したり、自分で分かりやすくまとめたりする業務は、どの企業でも必要です。

また書類の種類は決算・見積もり・請求書などさまざま。
専門的な知識が必要になる場合もあります。

ファイリング

書類をジャンル・カテゴリごとに分けてファイリングします。
顧客情報など漏えいが許されない書類を扱うこともあり、丁寧な作業が必要です。

また上司などが貰った名刺をファイリングすることもあります。

伝票処理

社内・部署内の入出金を管理するため、伝票を作成します。
売上や仕入れ値といったお金の流れを管理する大切な作業で、作成した伝票はしっかり整理しなければいけません。

郵便物の管理

荷物・書類などの郵送物は一般事務が管理することがあります。
また会社に届いた荷物を仕分けし、宛先である部署に届けることもあります。

備品管理

業務で使用する備品の在庫がなくならないよう、定期的にチェックして必要であれば発注します。
コピー用紙や筆記用具などのほか、パソコンなどの通信機器の管理も行なうことがあります。

電話・メール対応

会社の代表番号にかかってきた電話は、一般事務が対応します。
取り次ぎを行なうほか、要件を聞いた本人が対応することもあります。

また問い合わせなどのメールを管理し、担当者へ繋いだり返信したりするのも一般事務のお仕事です。

来客対応

顧客や取り引き先の担当者などが来社した際、案内全般を担うのが一般事務です。
会社の顔として丁寧な対応が求められるため、綺麗な身だしなみや正しいビジネスマナーを心がける必要があります。

その他雑務

上司のサポートも一般事務の仕事の1つ。
コピー印刷や会議資料の準備なども行ないます。

またオフィス内・デスク周りの清掃など、雑務を担うのも基本的に一般事務です。

一般事務の平均収入

一般事務の平均収入

雇用形態 時給 月収 年収
正社員 26万円 312万円
契約社員 1,280円 20.5万円 246万円
パート・アルバイト 980円 15.7万円 188万円

※月収や年収は1日8時間×月20日勤務の場合で算出しています

パート・アルバイトの時給はほかの職種と比べると平均的。
社員として雇用されれば収入は高くなり、正社員であれば年収300~400万円を目指せます。

一般事務のメリット・デメリット

一般事務のメリット・デメリット
女性に人気がある一般事務のお仕事。
無資格でも働けるという魅力がありますが、そのほかのメリットやデメリットにも注目してみましょう♪

メリット1:残業が発生しにくい

一般事務はイレギュラーな仕事が発生しにくく、日々ルーチンワークを繰り返すのが基本です。
任された仕事を終えられれば退社時間を過ぎて働くことはなく、決まった時間に帰れることがほとんど。

短時間しか働けない人や、子どものお迎えなどで残業できない人に最適です。

メリット2:オフィスワークの基礎が身につく

オフィスワークといっても職種によって細かく分けられますが、書類作成や来客対応、備品管理などは必要不可欠。
一般事務はオフィスワークの基本をほぼ担う役割なので、働くなかでパソコン操作やビジネスマナーといったスキルが向上します。

オフィスワーク未経験であっても挑戦しやすい仕事なので、経験を積めば転職のステップにもなります。

メリット3:体力的にラク

座り仕事が基本である一般事務は、体力を消耗するリスクがありません。
冷房・暖房が効いた快適な室内で働けるのも魅力です。

また事務経験があるということは転職・再就職の強みになります。
年齢を重ねても長く働けるという点から、一般事務を目指す女性は少なくありません。

デメリット1:評価される機会が少ない

一般事務の仕事は会社の業績に直接関わるわけではないため、評価されにくいという点はデメリットです。
ただ事務処理の速さや正確さは強みになります。
資格取得も大切ですが、日々の業務を効率的にこなす対応力を身につけるといいでしょう。

デメリット2:地味な業務が多い

ルーチンワークが多い一般事務は、決まった作業を日々繰り返すことがほとんど。
積極的な提案をするような業務はないと言えます。

事務作業は地味であり、大きな功績を残せるようなものでもありません。
地道な作業に苦痛を感じてしまう人には向かないお仕事です。

まとめ|オフィスワーク未経験の人にこそ最適!

一般事務は多くの企業が求人を展開しているため、通勤できる範囲で見つけやすいお仕事だと言えます。
また未経験者や無資格者でも採用の可能性があり、働くなかでスキルアップを目指せる点がおすすめです。

事務経験を積みたい・オフィスワークに挑戦したいのであれば、雇用条件をしっかり確認した上で応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. コールセンターのお仕事

    女性に人気のコールセンターはどんなお仕事?オフィスワーク初心者は必見!

  2. 秘書のお仕事とは

    サポートのプロ!秘書になるために必要なスキルって一体なに?

  3. アイキャッチ

    人気職!データ入力は未経験でもできる?お仕事内容を徹底解説