コールセンターのお仕事

女性に人気のコールセンターはどんなお仕事?オフィスワーク初心者は必見!

女性に人気のコールセンターはどんなお仕事?オフィスワーク初心者は必見!

コールセンターの求人は全国各地で見つけられます。
テレフォンオペレーターやカスタマーサポートとも呼ばれるお仕事です。

お客様からの問い合わせに対応したり、新しい商品やサービスを提案・案内したりします。

コールセンターはこんな人にぴったり!
・人と話すことが好き、得意
・座り仕事が苦ではない
・オフィスワークに挑戦してみたい

「電話対応は苦手」「事務系の経験がないから不安…」という方もきっと多いでしょう。
しかしコールセンターは未経験でもスタートしやすく、女性に人気がある職種です。

ここではオフィスワーク初心者に最適なコールセンターについてご紹介します!

コールセンターの基本的なお仕事内容

コールセンター業務内容

コールセンターはオフィスワークのなかでも求人数が多い職種です。
近年では通勤するスタイルだけでなく、自宅で働ける在宅型(テレワーク)に対応したコールセンターも増えてきています。

主な業務は電話の受信(インバウンド)と発信(アウトバウンド)の2つ。
場合によってはメールでのやり取りも必要ですが、通話によるお客様対応が基本です。

受信業務(インバウンド)

お客様からかかってきた電話に対応するのが受信業務です。
受信業務は業界全体の8割を占めていて、発信業務よりも人気があります。

・テレフォンオペレーター
商品やサービスに関する問い合わせに対応します。
商品の受注やサービスの加入手続きなどのほか、社内の電話の取り次ぎなども含まれることがあります。

・カスタマーサポート
商品やサービスの問い合わせ、またはクレームの対応を行ないます。
「お客様窓口」とも呼ばれ、丁寧な対応が必要です。

・テクニカルサポート
パソコンなどの電子機器、またはネット接続に関する問い合わせに答えます。
専門部署への取り次ぎはもちろん、問題の解決まで対応することもあります。

発信業務(アウトバウンド)

お客様に電話をかける業務で、コミュニケーション能力が求められます。
通話を切られることが多いため、気持ちの切り替えが上手い人に最適です。

・テレフォンアポインター
自社商品またはサービスの案内や提案が基本です。
ほとんどの場合は商談のためのアポイントを取る営業電話であり、お客様と直接顔を合わせることはありません。

・テレマーケティング
自社商品またはサービスの満足度を調査するため、お客様に電話をかけて感想・意見を聞きます。
新商品や新サービスの案内を行なうこともあります。

コールセンターの平均収入

コールセンターの平均収入

コールセンターの平均収入は他のオフィスワークに比べて高水準!
雇用形態によって収入は異なりますが、パート・アルバイトであっても全国的に時給が高めです。

雇用形態 時給 月収 年収
正社員 29.9万円 350万円
契約社員 1,500円 24万円 288万円
パート・アルバイト 1,300円 20.8万円 250万円

※月収や年収は1日8時間×月20日勤務の場合で算出しています

コールセンターは資格取得や勤務実績で時給UPが見込めます。
また発信業務では契約件数に応じたインセンティブ(報酬)が与えられるケースも!

さらに資格取得者は給与アップが見込めるため、以下のような資格取得を目指すのも悪くありません。

■接客関連
・コンタクトセンター検定
・電話応対技能検定
・CSスペシャリスト検定

■パソコン関連
・日商PC検定
・MOS検定

コールセンターのメリット・デメリット

コールセンターのメリットデメリット

高収入が期待できるコールセンターですが、それ以外にどのような魅力があるのでしょうか?
メリットとデメリットに注目してみましょう!

メリット1:髪型や服装が自由

電話対応が基本のコールセンターでは、身なりに関する規則が緩めです。
ネイルや髪色、服装が自由なので、学生アルバイトも多く在籍している企業がほとんど。
普段の服装で出勤できるのは女性にとって嬉しいポイントですよね。

メリット3:時間の融通が利く

コールセンターは基本的にシフト制。
人数が多いためシフトの自由度が高く、「週3日だけ出勤」「9時14時まで」などのショート勤務にも適しています。
子育て中の主婦や扶養内で働きたい人などにぴったりな環境です。

ビジネススキルが身につく

お客様との会話が必要になるコールセンターでは、丁寧な言葉遣いや基本的なビジネスマナーが身につきます。
通話しながらパソコンの操作が必要になるため、タイピングスキルの向上も可能です。

入社時に講習を行なう企業も多く、働きながらスキルを身につけられるのもコールセンターの魅力です。

デメリット1:クレーム対応がある

発信業務の場合、商品やサービス内容の不備に関するクレーム対応が必要になることも。
クレーム対応のマニュアルがあるとしても、お叱りや厳しい言葉を投げられる可能性があるため、ストレスは感じやすいといえます。

デメリット2:商品やサービスの知識が必要

受信業務は商品やサービスについてのお問い合わせが基本。
マニュアル通りに受け答えすることは大切ですが、どのような問い合わせがくるかわかりません。
あらゆる可能性に備え、自社商品・サービスに関する知識は必要不可欠です。

デメリット3:正社員への道のりが遠い

コールセンターの求人はほとんどがパート・アルバイトを対象にしています。
実績を積めば正社員雇用の可能性もありますが、人数が多いなかで評価を得るのは簡単ではありません。

正社員を目指すなら資格取得など実績を残す努力が必要です。

まとめ|オフィスワークに興味がある人におすすめ!

求人数が多いコールセンターは、オフィスワーク初心者にもおすすめのお仕事です。
女性が多い職場という気軽さもありますし、時給が高く短時間勤務でもしっかり稼げるという魅力があります。

またコールセンターで身につけたスキルは様々なオフィスワークに活かせるため、転職時にも有利!
企業によって業務内容に違いがあるので、興味がある人は求人情報をチェックしてみるといいですよ。

関連記事

  1. 一般事務の仕事

    代表的なオフィスワーク!一般事務の具体的な業務に注目してみよう!

  2. 秘書のお仕事とは

    サポートのプロ!秘書になるために必要なスキルって一体なに?

  3. アイキャッチ

    人気職!データ入力は未経験でもできる?お仕事内容を徹底解説