アイキャッチ

子連れ出勤は難しい?子どもを職場に連れていくメリットとデメリット

子どもが保育園に通える年齢になっても、預け先が決まらないと復職は困難。
そこでママたちが職場に復帰しやすいよう、子連れ出勤を許可する企業が増えてきています。

託児所付きの職場(事業所内保育所)などもありますが、子連れ出勤は子どもと同じスペースで仕事をするスタイルです。
目の届く範囲に子どもが居るため、子育てしながら働けるという点は魅力的♪

しかし子連れ出勤には賛否両論あり、必ずしも便利というわけではありません。
この記事では子どもを職場に連れていくメリット・デメリットについてまとめていきます。

子連れ出勤と事業所内保育所は違う?

子連れ出勤とは
企業の施設内、もしくは近隣施設で保育所・託児所を構えるのが事業所内保育です。
主に保育士が子どもの面倒を見てくれます。

しかし子連れ出勤は働くスペースに子どもが居て、つねに同じ空間で過ごせる制度。
主に中小企業が取り入れており、子育て世代からとくに注目を集めています。

日本政府が子連れ出勤を推奨

少子化や待機児童問題などが深刻化している現在、政府は子連れ出勤を後押しする方針であることを表明しました。

  • 待機児童の軽減
  • 優秀な人材の離職防止
  • 労働力の確保

など、さまざまな利点があるとして子連れ出勤が推奨されています。

しかしこの方針が発表されると、世間では賛否両論が巻き起こりました。
企業側・母親側にメリットはありますが、問題点も多いことに注目が集まったのです。

子連れ出勤のメリット

【企業側のメリット】
・優秀な従業員が離職するのを防げる
・企業のイメージアップに繋がる

企業が得られる一番のメリットは、人員の流出を防げるということ。
子連れ出勤を許可することで、妊娠や出産を機に離職してしまう女性従業員を残せます。

また子育てに理解があるというアピールになり、企業全体のイメージアップも可能。
新たな人員確保にも役立ちます。

【母親側のメリット】
・育児休暇(休業期間)を終えてスムーズに復職できる
・子どもを送迎する手間が省ける
・夏休みなどの長期休暇にも働ける

母親側の主なメリットは、やはり預け先に困らないということです。
復職する上でどうしても問題となる保育園の決定。
子連れ出勤が可能な職場ならスムーズに復帰できますし、育休を延長する必要はありません。

子連れ出勤のデメリット

【企業側のデメリット】
・環境設備の調整にコストがかかる
・通常社員の不満やストレスが溜まる

子連れ出勤を許可するには、キッズスペースや授乳スペースなど、適切な設備を導入しなければいけません。
また子どもの泣き声などが気になる社員も居るため、従業員たちの理解を得るのも大変です。

【母親側のデメリット】
・子どもの面倒を見るのに精一杯で仕事が進まない
・周囲に気を遣わなければいけない
・職場の環境が子どもの成長に影響するかもしれない

物心がついた年齢であれば、静かに遊んでもらうことも可能です。
しかし低年齢だと目が離せないため、仕事に集中できないという問題が発生します。
また他の従業員の迷惑にならないよう、つねに気を遣うのもストレスになってしまいます。

そして周囲の環境は子どもの成長発達に大きく影響するため、子連れ出勤に後ろ向きな母親も少なくありません。

【体験談】子連れ出勤の経験がある女性たちの意見

子連れ出勤経験者たちの意見

マリコさん(31歳・イベント企画)
一人目の妊娠・出産で育児休暇をとったものの、保育園に落ちてしまい、上司に相談したところ子連れ出勤を提案してもらいました。
その時子どもはまだ1歳でかなり手がかかる時期。大人しくしてくれないし、たまにギャン泣きするし、周りに頭を下げながら育児・仕事を両立するのはかなりしんどかったです。
その後は運良く認可保育園に通えるようになったので、子どもと出勤した期間は長くありません。
女性が多い職場だったこともあり、先輩ママのフォローにはすごく助けられました。理解が得られれば働きやすいとは思います。

サツキさん(28歳・ウェブデザイン)
オフィスの一角にキッズスペースがある会社に就職しました。まだ子連れ出勤を導入したばかりで、私が第二号でした。
デスクから見える位置で子どもを遊ばせていられるのは安心。ただグズったり大声を出したりするので、周囲の目を気にしながら面倒を見なきゃいけません。
まだ小さい我が子に「静かにしててね」「もう少し待ってね」と言い聞かせるのは心苦しくもありました。
保育園に通えてたら思いっきり遊べるのにな・・と、申し訳なくなりました。

ユリさん(30歳・ECサイト運営)
子供服・マタニティ用品の通販サイトを運営する会社で、主にメール対応を担当しています。企業柄、子育てへの理解があったため、同僚や上司の理解を得るのは難しくありませんでした。
私は子どもが10ヶ月のときに復職しました。
周りも子育て世代で、私のほかに3人子どもを連れて出勤しているママさんが居ます。恵まれた環境だとは思いますが、やはりすべての企業が子連れ出勤を導入するのは難しいかな、というのが本音。
子どもが苦手だという人だって居ますし、子どもの面倒を見ながら仕事をこなすのはめちゃくちゃ大変です。ストレスは少なからずあります。
一番いいのは保育園に預けることかな。

関連記事

  1. 託児所つきの職場を探そう

    託児所付きの職場は魅力的!子どもを預けて働きたいママは要チェック!