コロナで職探し!メールレディにチャレンジ

コロナで職探し!メールレディにチャレンジ

コロナ禍の中、「仕事探しが大変」「お目当ての求人がない」と職探しが難航している女性は少なくありません。

理由に挙げられるのが、

・コロナの感染リスクが少ない仕事につきたい
・これを機に在宅ワークに転職したい
・時間の融通が効く職種がいい

などが多く、飲食業やサービス業は「求人がでているけれど応募をためらってしまう」という方も。

とくに小さな子供がいるママや、遊び盛りの子供がいる人ほど慎重になってしまうようです。

そんなママにオススメなのが、メールレディにお仕事。

感染リスクゼロの在宅ワークだから、安心して働くことができます。

メールレディがママにオススメな理由とは

メールレディがとりわけママにおすすめの理由は、

・在宅ワークで感染リスクゼロで安心
・シフトが自由ですぐに休める
・学歴や職歴不要!誰でもすぐに始められる
・面接不要!顔写真付きID提出ですぐできる
・最短二日で給料が受け取れる!
・スマホ一台でスタートできる

などが挙げられます。

コロナ禍の中、子供がいると休校になってしまったり、急な体調不良で休まなければいけないなど、予定変更を余儀なくされる場合が多くあります。

そんなとき、今までであれば預けられる場所があったけれど、コロナの感染者数が増えると同時に預け先も難しくなってきています。

そのため在宅で子供の面倒をみながらできるメールレディのお仕事はオススメなんです。

「在宅ワーク」「感染リスクゼロ」の理由とは

コロナは飛沫感染で主に感染します。

そのほか、ウィルスがついたものを触って感染する接触感染があります。

そのため他人と話す機会が多い人ほど感染リスクが上がるというワケ。

その点、在宅でできるメールレディなら他人と接触することがないため安心&安全。

もちろん普段の買い物や遊び方など考えなければ感染リスクは高まってしまうため注意が必要です。

家でなくともネット環境があればドコでもできるため、好きな場所で働くことができます。

「シフトが自由」すぐ休めるのはナゼ!?

メールレディには、いわゆる上司や部下といった関係が一切ありません。

さらに横つながりの同僚もなく、個人事業主となります。

そのため、一か月前にスケジュールを報告する義務や一か月の出勤数が決まっているワケでもありません。

いつ出勤するのか、何時間ぐらい働くのかなど、全ては自分次第で決めることができるため、シフトが自由なんです。

とはいえ、あまりにログイン数が少ないと男性からのコンタクトは少なくなってしまい給料を稼ぐことは難しくなります。

また怠けてしまうのも簡単なため、前もってスケジュール管理を自分で組むことをオススメします。

「学歴」「職歴」不要!誰でもすぐに始められるのはナゼ!?

メールレディには、学歴や職歴は関係ありません。

それよりも大切なことはコミュニケーション能力。

男性といかに長くメールラリーを続けるかで報酬額がかわるため、テンポよく会話するスキルやメールの書き方の方が大事なんです。

そのため普段から、友人や家族とLINEでのメッセージに慣れている女性ほどメールレディはオススメです。

年齢制限もサイトによってコンセプトによって異なりますが、18歳以上であれば入会できるところがほとんど(高校生不可)。

どんな女性に対しても、偏見や差別なく働けるのもメールレディの魅力なんです。

「面接不要で採用」はナゼ!?

メールレディは全てオンライン上で手続きします。

そのため、採用時はZOOMで面接と思いきや、運転免許証やパスポートなど顔写真付きのIDを提出すればOKなんです。

給料振り込みもあるため、個人情報の入力も必須ですが、基本的な情報入力だけで採用してくれます。

面接は苦手という女性ほどメールレディはオススメです。

ただし稀に加工した顔写真付きIDを提出する女性がいるらしいのですが、これらは犯罪になるため採用されることはありません。

設備が整っている大手ほどチェックはしっかりしているため、ウソの申告はやめましょう。

本当に最短二日で給料が受け取れる?

給料は最短二日で受け取ることができます。

ただし、サイトが定めている振込ポイント額をクリアしていればの話。
銀行の営業時間も影響するため、入会して働いて、最短で翌日うけとれるのが通常です。

中には、「即日振込できます」と謳っているサイトもありますが、注意してが必要です。

なぜならオンライン上のサイトやアプリでは、物理的に難しいのが本当のところだから。

どうしても当日に現金が欲しいという方は、通勤でできるメールレディ&チャットレディがオススメです。

本当にスマホだけでお仕事できる?

在宅メールレディは、スマホだけでお仕事できます。

サイトにログインすれば、男性とのやりとり全てはそこで完了できます。

そのため個人情報がバレることもなく、スマホの中だけでお金を稼ぐことができちゃうんです。

スマホのほか、ネット環境があればタブレットでもパソコンを使って作業をしてもOK。

どちらがやりやすいか、自分で選択することができるのもうれしいメリットのひとつなんです。

ただしスマホでお仕事する場合、契約内容によっては通信料などが高くなってしまう場合もあります。

事前にチェックし、損しないように確認していきましょう。

メールレディのデメリット?給料について

いいことづくめに感じるメールレディにも、注意すべき点があります。

それが「大金を稼ぐことはできない」ということ。

「現在シングルマザーで本業として働きたい」「夜の街から転職したい」とメインとして働くのは不向きだから。

なぜならメールだけで稼ぐメールレディの平均月収は5~10万円。
人気メールレディでも15~20万円程度なんです。

そのため、本業というより副業向けの収入といえます。

もし「20万円以上の収入がほしい」という方がいれば、チャットレディがオススメです。

チャットレディとはメールのほかに、通話やTV通話をしていきます。

それぞれの単価もメールの二倍違うため、本業でしたい方へはオススメなんです。

メールレディとチャットレディどっちがオススメ!?

似ているようで全然違うメールレディとチャットレディ。

どちらが自分に合っているか迷ってしまうという女性に向けて、以下の表をご用意しました。

メールレディ チャットレディ
仕事内容 メール メール・通話・TV通話
平均月収 5~10万円 15~25万円
人気女性の平均月収 15~20万円 30万円以上
最高月収(例) 25万円 110万円

あくまでも例であり、完全出来高制の個人事業主のため個々によって平均額も大きく開きがあります。

それでも、メールレディよりチャットレディの方が稼ぎやすいといえます。

がっつり働きたい女性にはチャットレディ、お小遣い程度でいいという女性はメールレディがオススメなんです。

メールレディ&チャットレディにチャレンジ!

コロナ禍の中、安心&安全に働けるメールレディ&チャットレディにチャレンジしてみませんか?

誰でも気軽に登録できて、退会もスムーズにできます。

上司や同僚から陰口を叩かれることなく、自由にお仕事ができるからとっても働きやすい環境です。

完全出来高制で、どれだけ稼ぎたいのかを調整することも可能。

もちろん極端にログイン時間が少ないと、稼ぎも少なくなるため注意が必要です。

どちらにせよ自分で選択できるため、在宅でマイペースに働きたいという方にはオススメ♪

初心者にオススメのサイトランキングはコチラから(^-^)