巫女のアルバイトは稼げた(2)

スポンサーリンク
巫女

クレイジーさんから巫女のアルバイトが稼げたという口コミが
当サイトに寄せられましたので、紹介したいと思います。

巫女のアルバイト内容

父親の知り合いに、神社で働いてる人がいる、とのことで年末年始のみバイトで巫女さんをしました。

働く前に一度集合研修のような感じで、必要なものや恰好などの説明を受けて、
いざバイト開始は12月31日の夜9時すぎぐらいからです。
割と地方では大きい神社で、もともとあるお守り売り場に仮設住宅みたいな感じで
組み立ててあるところが4つぐらいと、お祓いする場所での受付で配属されました。

わたしが配属されたのは、もともとあるお守り売り場のところでした。
建物のつくりもしっかりしていて、巫女さんたちがいるところは一面電気カーペットと
そして二人に一台の割合でストーブ設置です。

外は寒いはずなのに、わたしたちはものすごく暖かいんです。
小さい神社とかだと、テントを張って常に立ちっぱなしでって感じですが、
さすが由緒あるところは違います。

31日は夜9時ぐらいから始まって深夜に1時間から2時間ぐらい仮眠で休憩。
で、翌日は交代で朝食をとり、夕方には時間がきて終了。

翌日からは、朝9時から夕方5時まで
お弁当つきで、10時と15時のおやつの時間まで用意されていてびっくり。
お弁当も、いくつか注文はしてありましたが、そのほかにカップラーメンも用意されてたので、
好きなものを食べるっていうのが正しいかと思います。

仕事内容としては、お守りや破魔矢を計算してお金を受け取ってお渡ししていく、
というなんともコンビニのバイトとかと同じような感じです。
そこが、電卓なのかレジがあって自動なのかの違いです。

お守りってそんなこまごました金額じゃないから、
慣れてくると暗算で合計金額を言えるようになりましたね。
神聖な場所ってのもあるので変に文句を言うような人がいないのでのびのびとできました。

巫女のアルバイトはどのくらい稼げる?

1月の7日ぐらいまで働いて、8万の給料でした。
九州の地方のところなので、物価も安ければ賃金もそれ相応ではありますが、
わたしがこのバイトをしたのは高校生のときでした。
田舎の高校生にとって一週間ないぐらい働いて8万は十分な金額です。
また機会があればぜひやりたいバイトの一つです。

当サイトのアルバイトアドバイザーより

巫女のバイトは1年に1回しかないのが惜しいですが、
女の子なら、是非ともやっておきたいバイトですね。
しかも、短期でかなり稼げるようなので、興味があれば近所の神社に確認をしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る